打ち合わせ

求人募集を毎回かけないためには今ある人材を大切に育てることが重要

今ある人材を大切に育てていくことが重要


求人の在り方の中で、正社員は今では難しい物になってきています、企業としては求人にかかる経費をできるだけ抑えたいものですので、正社員寄りは契約社員や派遣社員などを雇うほうが人件費を抑えれますし、正社員を一人雇うよりは契約社員を2人雇うことができるためにこのような安易にしています。しかしこれでは企業にとっては利益は上がりますが、愛着精神はなくなり、長く企業は存続しないことでしょう。やはりあたたかみのない企業は自然に淘汰され滅んでいくようになっています。だれもが恩恵をえらば尽くしますが、会社があたたかみがなければ次第に人心は離れていきますので、そのような結果となることだと思います。
日本で、福利厚生がしっかりしていて社員満足度が高い会社がありますが、この会社では正社員の方は誰一人やめることなく永年続いているそうです、やはり会社が社員を大事にしているので、社員もそれに応えるべく力を出しているので、そのような結果になるのではないでしょうか。使い捨ての考えのあるような会社では、例え正社員でも後継者もなく廃れていくことでしょうし、跡継ぎのいないものなので、他に吸収されたり閉鎖されたりして衰えていくことでしょう。このようなことがないように求人募集を毎回かけることのないように、今のうちに今ある人材を大切に育てていくことが重要ではないでしょうか。

求人広告よりも確実な募集方法


私は飲食チェーンを経営しています。ホールなり、キッチンなりで働いてくれているスタッフは、基本的にすべてアルバイトなので、学校が忙しい、就職が決まった、職場が合わない、などの理由ですぐに辞めていきます。
それでその都度求人広告を出すのですが、それがなかなか費用がばかになりません。今、求人雑誌に広告を出すと、最低でも5万から6万円かかります。年間でも採用コストは数百万円で、本当にばかにならない金額です。加えて、その求人募集の広告の反応が最近落ちてきました。これはおそらく、求人のほうが仕事を探している学生より多いので、売り手市場になり、うちはその競争で負けているのだと思いますが、とはいえ、時給をいきなりあげたりすることもできません。それで最近メインの方法にしているのは、アルバイトからアルバイトを紹介してもらう方法です。もちろんただではモチベーションがつかないので、紹介者1万円、被紹介者1万円などの報奨金を出していますが、このほうが、あてにならない求人広告よりもよほど確実です。かつ、仕事の内容もそのアルバイトを通じて相手に伝わっているので、採用後のミスマッチがなく、長く勤めてもらえます。当面はこれで行くしかないと思っています。

派遣会社はその人に適した求人を紹介してくれる


派遣会社に登録を行うと、会社はその人が持っているスキルや希望する条件などを聞いた上で、その人に最も適した仕事の求人を紹介してくれますし、中には働き始めて以降も親身になってフォローしてくれる会社もあります。
また単に仕事を紹介するだけでなく、就職活動を有利に進めるために必要なマナーを身につけるための講座や、スキルアップのための研修などを開催している会社も多いです。そして派遣会社の中には特定の職種に強い所もあって、例えばIT関連ならIT関連の求人だけを紹介している会社もありますので、希望する職種が絞れている人の場合は、そういった派遣会社に登録するのも良いでしょう。
しかもそういう特定の職種に特化した派遣会社には、その職種に精通したコーディネーター等のスタッフがいる場合が多いので、その職種に関する悩みなどについてのアドバイスも受けることができます。
また大手の派遣会社は全国規模で求人の紹介を行っていますが、逆に特定の地域に密着する形で人材派遣業務を行っている会社もあって、その地域に関しては大手にはない独自の情報網を持っている場合が多いです。
ですから地元で働きたいなどの理由で、働く地域を絞って求人を探したい人の場合は、そういった地域密着型の派遣会社を利用するというのも選択肢の1つです。


工場で働こうとお考えの方は「グッジョブナビ」に掲載されている工場派遣の求人情報をチェックすることをオススメいたします。

Choices Article

Site map

Copyright © 2017 求人募集を毎回かけないためには今ある人材を大切に育てることが重要 All Rights Reserved.